ASUS

今年は「ASUS Chromebook Plus」が続々発売予定 ASUS Chromebook Plus CM34 FlipとASUS Chromebook Plus CX34が販売中

2024年2月19日

今年は「ASUS Chromebook Plus」が続々発売予定 ASUS Chromebook Plus CM34 FlipとASUS Chromebook Plus CX34が販売中

Acerに続き、ASUSからも「Chromebook Plus」が2機種発売、現在はアマゾンでも販売中です。

そもそも「Chromebook Plus」とは何かを含めて記しておきます。

Chromebook Plusとは

Chromebook PlusはChromeOS開発元のGoogleが始めた取り組みで、2023年に発表されました。名前の通り、普通のChromebookよりも出来ることが多いChromebookという名目になっています。

Chromebook Plusを名乗るには以下のハードウェア要件が必要となっています。

  • CPU: Intel Core i3 第 12 世代以降、または AMD Ryzen 3 5000 シリーズ以降
  • RAM: 8 GB 以上
  • ストレージ: 128 GB 以上
  • ウェブカメラ: 1080p 以上(時間的ノイズ リダクション機能あり)
  • ディスプレイ: フル HD IPS 以上

また、過去のモデルもこの要件を満たすものであれば、Chromebook Plus専用のOSへアップデートできるようです。現在対応しているモデルのリストが公開されています。

Chromebook Plus の OS アップデートの提供について

中身についてですが、基本的にはChomeOSで、追加機能として各種AIを利用できるのがChromebook Plusとなっています。ただ、将来Chromebook Plusで出来るようになることについては既に発表されているのですが、現在はまだ一部のみできるという状況で、未だに未完成です。現在は消しゴムマジック等が使えるにとどまっています。

Chromebook Plus: more performance and AI capabilities

2024年にはAI(Gemini)による文章の作成補助などが出来るようになる見通しです。

Chromebook Plus誕生の背景と意義

このブログに限らず、Chromebookに関する記事では高スペックなChromebookを「プレミアムモデル」などと呼称してきました。これには基準がある訳ではなく、Core i3やCore i5搭載であればプレミアムモデル、という通例によるものです。特に商品名が変わるわけではなく、あくまでスペックからそう言えるということなので、くまなくモデルのスペックをチェックして比較するマニア以外の人には伝わりづらいという問題がありました。

また、メーカーによって「プレミアムモデル」でもメモリが4GBだったり8GBだったり、ウェブカメラが720pだったりとマチマチで、ますます分かりづらくなっていた状況が続いていました。

こうしたことを踏まえて、かつ今後のChromeOSへのAI統合なども見据えて策定されたのが「Chromebook Plus」です。名称からして分かりやすくなったのが、大きなメリットです。今年はこのChromebook Plus認定の機種が続々発売される見込みです。

ASUSからChromebook Plusが2機種発売中

今回ASUSから発売されたChromebook plusは2機種で、画面が360°回転するフリップタイプの「ASUS Chromebook Plus CM34 Flip」と普通(クラムシェルタイプ)の「ASUS Chromebook Plus CX34」です。それぞれ見ていきます。

ASUS Chromebook Plus CM34 Flip

ASUS Chromebook Plus CM34 FlipにはCPUによる2つのバリエーションがあります。下位モデルには「Ryzen 3 7320C」が搭載されていて価格は¥79,800、上位モデルには「Ryzen 5 7520C」が搭載されていて値段は¥95,272です。

その他はメモリ8GB、ストレージ128GBという部分も含めてすべて同じです。

ここで気になるのがRyzen 3 7320C / Ryzen 5 7520Cという点。Ryzenを搭載したChromebookは過去にも存在していますが、Chromebookの中では影が薄い印象です。最新鋭の8000シリーズではないですが、まだまだ現役の7000シリーズになっています。

正直なところ、実力はよく分かりません。が、ここで役立つのが「Chromebook Plus」という証。Chromebook Plusに認定されているということは日常のタスクで問題になることはなく、AbobeフォトショップやLumaFusion proによる動画編集が問題なく動作することが保証されています。

このChromebook Plus認定の機種としてRyzen搭載機が入っているというのは意義深いです。特にこの14インチのASUS CMシリーズはマイナーチェンジをしながら長年発売している主力モデルで、尚更意義深いですね。

インターフェースはUSB3.2 (Type-C/Gen2) ×2 、USB3.2 (Type-A/Gen2) ×1、HDMIポート、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック。無線LANはWi-Fi 6対応、Bluetooth 5.3です。重量はやや重ための約1.85kg、バッテリー駆動時間は長めの14.5時間です。本体収納式のスタイラスペン付属。画像を見る限り、さっとロック解除できる指紋リーダー付きです。

ただし、ASUSお得意のMIL-STD-810H認証はないようです。

ASUS Chromebook Plus CX34

ASUS Chromebook Plus CX34も同じく14インチのディスプレイを搭載していますが、こちらは画面が回転しないクラムシェルタイプのChromebookです。

CPUは第12世代のCore i3-1215Uを搭載。メモリは8GBでストレージ128GBです。

こちらのモデルについてはCPUにバリエーションはありませんが、ホワイトとグレイのカラバリがあります。インターフェースはUSB3.2 (Type-C/Gen1) ×2、USB3.2 (Type-A/Gen1) ×2、HDMIスロットでCMよりもUSB Type-Aが1つ多いです。

重量もFlipより約400g軽い1.46kg、バッテリー駆動時間は約9.6時間です。Wifiは6に対応。Bluetoothは5.2ですが、正直5.3との違いはないと思います。

¥72,545 (2024/02/19 11:05時点 | Amazon調べ)

今年は「ASUS Chromebook Plus」が続々発売予定 まとめ

2024年に入ってますます進化するChromebook。今後はAIがChromeOSにどうか関わっていくのか、注目です。期待を込めつつ推移を見守りたい。

【2024年4月最新版】Chromebookの選び方ガイド

8つのチェックポイントとおすすめ厳選モデル8選

トップへ戻る
  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。他に「初心者による初心者の為のウイスキーの話など。」や「OLD ROOKIE」などを運営しています。

-ASUS
-