Chromebook中級者向けガイド

Chromebookのローカルデータ用フォルダに「ゴミ箱」を追加する方法

2021年4月8日

Chromebookのローカルデータ用フォルダに「ゴミ箱」を追加する方法

はじめまして、Chromebookを9年以上愛用しているクロームブッカーともぞう(@tomozou3500)です。このブログではChromebookについての情報を発信しています。

Windowsでは「エクスプローラー」、Macでは「ファインダー」でフォルダ・ファイルの管理をしますが、Chromebookでは「ファイル」というアプリが用意されています。

ところが、Chromebookの「ファイル」アプリにはゴミ箱機能がなく、ファイルを削除するとそのまま戻ってこないことになります。

Chromebookでの作業中にうっかりファイルを消去してしまったことがキッカケで、ファイルに「ゴミ箱」が追加出来ないか確認したところ、しっかりと方法がありました。

以下、Chromebookのフォルダへゴミ箱を追加する方法をご紹介します。

この機能は試験運用版なので、使用は自己責任でお願いします。

Chromebookでのゴミ箱 追加手順

step
1
Chromeブラウザのアドレスバーに[chrome://flags]と入力し、試験運用版機能を表示

Chromebook 試験運用版機能

step
2
最上部の検索ウィンドウで、[trash]とタイプ

[Enable Files Trash]という項目がヒットするので、[Default]と書いてあるところをクリックして[Enabled]へ変更します。

Chromebook Enable Files Trash ゴミ箱を有効にする
「Enable Files Trash」でDefaultをEnableに変更する

step
3
再起動するとダウンロードフォルダにゴミ箱が追加される

Chromebookのファイルアプリにごみ箱が追加された
左側にTrashが追加された

消去したファイルは一旦ゴミ箱に入り、そこからファイルを復元することが可能になります。

Chromebookのローカルデータ用フォルダに「ゴミ箱」を追加する方法 まとめ

Chromebookでローカルファイルを扱うときは、転ばぬ先の杖としてゴミ箱を追加しておいた方が安心です。

【2024年4月最新版】Chromebookの選び方ガイド

8つのチェックポイントとおすすめ厳選モデル8選

トップへ戻る
  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。他に「初心者による初心者の為のウイスキーの話など。」や「OLD ROOKIE」などを運営しています。

-Chromebook中級者向けガイド