Chromebook上級者向けガイド

Dropbox(ドロップボックス)をChromebookにマウントする方法をスクリーンショットと共に解説します

2021年6月15日

dropbox-icon

はじめまして、Chromebookを9年以上愛用しているクロームブッカーともぞう(@tomozou3500)です。このブログではChromebookについての情報を発信しています。

今回はChromebookのにDropboxのフォルダをマウントすることにより、Dropboxのファイルをグッと扱いやすくするための方法を紹介します。

具体的にはChromebookのファイルアプリ内にDropboxのフォルダやファイルが表示されるようになり、あたかもローカルファイルのごとく扱えるようになります。

同様の手順でMicrosoftのOneDriveもChromebookにマウントすることが出来ます。

それではスクリーンショットと共に手順を解説します。

Dropboxをマウントする手順

ChromebookへDropboxをマウントするには「File System for Dropbox」というアプリを「ウェブストア」からインストールする必要があります。

まずはランチャーを開いて、左上にあるウェブストアをクリック。

Chromebookランチャーのウェブストア
ランチャーのウェブストアをクリック

ウェブストア左のラジオボタン「アプリ」を選択し、検索窓に「Dropbox」と打ち込みます。

そして2番目に出てくるFile System for Dropboxをクリックして追加します。

ウェブストアでアプリの「Dropbox」を検索する。File System for Dropboxを探して追加する。

インストール後「アプリを起動」を選択。ポップアップウィンドウが表示されるので「Mount your Dropbox」をクリックします。

File System for Dropbox起動画面
File System for Dropbox 起動画面

案内に従ってDropboxへログインします。

2段階認証を設定している場合はスマホにコードが送信されるのでそれを入力して進みます。

ログインするとDropboxへのアクセスの許可を求められるので許可を選択。

Dropboxアクセスへの許可を求める
許可を選択する

これでマウントは完了です。一見何も起きてないように見えますが、Chromebook「ファイル」アプリの左端に、Dropboxフォルダが追加されています。

ChromebookのファイルアプリにSampleフォルダが追加された
ファイルアプリの左側Googleドライブの下にDropboxが追加されている

Dropbox(ドロップボックス)をChromebookにマウントする方法をスクリーンショットと共に解説します まとめ

MicrosoftのOne Driveも同じ手順でマウントすることが出来ます。この場合は「File System for One Drive」を検索してインストール。後は案内に従っていけば完了です。

MicrosoftのOne DriveもChromebookへマウント可能

【2024年5月最新版】Chromebookの選び方ガイド

8つのチェックポイントとおすすめ厳選モデル8選

トップへ戻る
  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。他に「初心者による初心者の為のウイスキーの話など。」や「OLD ROOKIE」などを運営しています。

-Chromebook上級者向けガイド